Brave Consulting,Inc
ホーム 会社案内 サービス案内 採用情報 ブログ
ホーム > サービス案内 > コンサルティングサービス > 新規事業開発・経営革新の支援 > 経営革新計画の認定取得支援
 経営革新計画の承認とは
新商品の開発、新たな生産方式の導入など、新たな事業活動に取り組む中小企業の方が、「中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律」に基づき「経営革新計画」を作成し、知事の承認を受けると、計画期間中、政府系金融機関による低利融資や信用保証の特例など幅広い支援措置を利用することが可能となります。全国すべての中小企業者が対象の新規事業に取り組むための資金調達支援策の一つといえます。

神奈川県の経営革新計画承認手続きと支援措置のご案内
東京都の中小企業経営革新支援に関する手続き

 経営革新計画とは
経営革新計画とは、これから取り組む新たな事業を説明した事業計画書のことです。新たな事業活動とは以下の4類型があります。そして、新製品開発や新サービスの内容や収支計画などをまとめた事業計画書を作成し、知事へ申請、承認を得る流れとなります。
 1.新商品の開発又は生産
 2.新サービスの開発又は提供
 3.商品の新たな生産又は販売の方式の導入
 4.サービスの新たな提供方式の導入その他の新たな事業活動
 経営革新計画の承認の難しさ
経営革新計画の承認には、承認基準をクリアできる事業計画を作成する必要があります。承認基準は、神奈川県の場合、自社として事業活動であることはもちろん、「既に相当程度普及している技術・方式の導入については対象外」とあるようにその分野・業界内でも新たな事業活動であることが求められています。

これを「新規性」と呼びますが、この「新規性」を如何にして新事業に盛り込み計画の中に表現できるかが承認される上での大きなカギとなっています。また他にも、既存商品・既存サービスとの違いやそれに対する「優位性」、計画が絵に描いた餅にならない「実現可能性」など、事業を成功に導くために必要な要素を事業計画としてまとめる必要があります。
 支援コンサルティングを受けるメリット
私たちは事業計画作成のプロフェッショナルとしていくつもの会社様の事業計画・経営計画の作成に取り組んで参りました。このノウハウ・スキルを活用頂き、新規性のある革新的な計画の作成が可能です。

具体的には、業界初となりえるアイデア発想や新規性の捉え方・考え方、競合他社に負けない優位性の構築方法など新規事業を始める上で必要なノウハウを如何なく発揮させて頂きます。そして、そのような視座を提供しながら、お客様のお考えを引き出し、事業計画書としてまとめ、さらには申請書の作成までトータルでお任せ頂くことが可能です。


業種は製造業は元より、ITサービス業、建設業、不動産業など広く支援実績がございます。弊社代表の支援実績を参照下さい。
 支援コンサルティングの流れ
初回にお話しを伺わせて頂き、大枠の支援の流れをお伝えさせて頂きます。3〜5回程度で事業内容を整理し、その後収支計画を作成し約2か月程度で申請できるように進めて参ります。スピーディーに効率よく事業計画を作成しお客様もモヤモヤすることなくすっきりと事業計画をまとめることが可能です。
 報酬に関して
着手金+成功報酬型の料金体系をご用意いたしております。詳細は、お問い合せ下さいますようお願い致します。

初回のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さいませ。
   
   
所在地
株式会社ブレイブコンサルティング

〒231-0062
神奈川県横浜市中区桜木町1-1-7
TOCみなとみらい 10階
TEL:045-228-5310
FAX:045-228-5311

<受付時間>
8:30〜17:30(土日祝日を除く)
お問い合せはこちらから
       
ページトップ
Copyright(C) 2011 Brave Consulting,Inc All Rights Reserved.