M&Aコンサルティング・株主価値の算定

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日横浜は曇り空、最高気温は27度まで上がる予報となっています。

本日は、午前は湘南地域の製造業の生産管理システム導入支援、午後は都内の部品商社の経営改善支援、夜はパートナー会社との打ち合わせを行います。

さて、土日は例によって資料作りに励んでおりました。M&Aの株主価値の算定に関する資料作りです。

代表的な株主価値の算定方法は2つ、時価純資産法とDCF法(ディスカウントキャッシュフロー法)です。時価純資産法は、直近期の純資産を時価換算しのれん代とを加味して計算する方法で、これまでの業績を株主価値に反映させるやり方でわかりやすい方法です。

もう一つのDCF法は、今後どれだけキャッシュを創出するかフリーキャッシュフローを積み上げ現在価値に割戻し、事業価値を算出、他人資本等の考慮を入れて株主価値を算出する方法です。将来どれだけ価値を生むかという観点で株主価値を算出するため事業計画が必要となりますが、企業シナジーなどを考慮して今後の事業計画を作成すれば、時価純資産法以上に本来の価値を算出することも可能です。

また一週間が始まりますね。
それでは本日も頑張っていきましょう。

 

事業承継・M&Aコンサルティング:年間廃業数7万社とM&A件数推移

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は曇り空、最高気温は29度が予想され少し暑くなりそうですね。

今日は、午前は県内の自動車部品の製造業の事業再生支援、午後は埼玉県の製造業のM&Aに関する仕事をします。

さて、中小企業のM&Aは事業承継の一つの手段として活用がなされています。事業承継が日本の中小企業の課題と言われかなり経ちますが、平成18年の中小企業白書では、後継者がいないことで廃業する企業が毎年7万社存在するのではないかと指摘されています。そういった課題解決の一手段として中小企業のM&Aはありますが、ここ10年でかなり活発になってきたようには思います。事業承継でお悩みの会社さまがいらっしゃいましたら是非お声かけ下さいませ。

<平成18年中小企業白書:第1節 中小企業の後継者不在が経済に与える影響より抜粋>
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h18/H18_hakusyo/h18/html/i3210000.html
—–
年間約29万社の廃業企業のうち、どのくらいの割合が後継者不足による廃業であるかを推計したい。 「承継アンケート」によれば、現時点で「自分の代で廃業したい」と回答した企業のうち、24.4%は「適切な候補者が見当たらない」ことが第一の理由であると回答している(第3-2-2図5)。この数値を前提とすれば、年間廃業社数約29万社のうち、約7万社は「後継者がいない」ことを理由とする廃業であると推定され、これだけの雇用が完全に喪失された場合を仮定すると、失われる従業員の雇用は毎年約20万人~35万人に上ると推定される。
——

<M&A情報データサイト MaarOnline 1985年以降のマーケット別M&A件数の推移より>
http://www.recofdata.co.jp/mainfo/graph/

market

 

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

民事再生中のインデックスの事業譲渡先にセガサミー

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は晴れ、最高気温は30度が予想されています。気持ちいい天気が続いていますね。

本日は、午前はある支援先の金融機関との打ち合わせ、午後は都内の商社の経営改善支援を行います。

さて、民事再生中のインデックスは、セガサミーホールディングスへの事業譲渡を決めたとのニュースがありました。譲渡金額は明らかにしていませんが「140億円前後とみられる」と日経新聞は報道しています(日経新聞の報道内容はこちら)。

インデックスは民事再生中とはいえ人気の高いスマホゲームを複数保有しておりその分野を強化したいセガサミーの思惑と一致した模様です。18日午後発表後、19日のセガサミーの株価は5%以上上昇し市場には評価されたようですね。

セガサミーのニュースソースを見ると譲り受ける資産は有形固定資産と無形固定資産と知的財産であり有利子負債を含む負債は譲り受けしないと記載されています。それら資産の額をインデックスのB/Sを見てみますと35億円程度ですので、140億円という数字はスマホゲームに対する今後の収益性等を相当加味したものだと思われます。複数のスポンサー候補が入札に参加したようですので、セガサミーも相応の金額で入札したようですね(インデックスの9月18日付ニュースソースと過去のスポンサー選定に関するニュースソース)。

インデックス自体は優良資産を譲渡したあとは負債の整理を進めていくのでしょう。セガサミーが優良資産をうまく活用しインデックスが残した財産を永続させてもらえればと思います。

それでは本日も頑張っていきましょう。