ものづくり補助金の第二次公募結果が公表

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は晴れ、最高気温は33度が予想されています。今日で8月も最終日ですね。本日は土曜日ですが午後からパートナー会社との打合せを行います。

さて、平成24年度補正予算のものづくり補助金の第二次公募の採択結果が昨日公表されました。11,926件の応募に対して5,612件の採択を決定したとのことで、第一次公募(一次・二次締め切りの合計で12,045件の応募で4,906件の採択)とあわせると全体で10,518件の採択となり、予定通り1万社の採択がなされました(結果、これにて公募は終了の模様です)。

中小製造業向けの補助金では過去最大と言ってもよい今年のものづくり補助金(約1000億円の予算規模)ですが、当初は1万社も応募はないんじゃないかとも思っておりましたが、ふたを開けてみると2万社以上が応募するという活況を呈しました。

弊社もお手伝いさせて頂いた会社様も複数採択されましたが、残念ながら不採択となった会社様もございます。分かれ目はやはり、中小ものづくり高度化法22分野の技術開発に如何にマッチしているか、だったように思います。一見、採択は難しそうなご要望にもそれに近づけ採択となった会社様もありました。不採択となった会社にはまた機会を見つけて今後も支援させて頂けたらと考えています。

<2次公募採択結果>
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2013/130830MonoKekka.htm

<1次公募(二次締め切り採択結果)>
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2013/130531Mono.htm

<1次公募(一次締め切り採択結果)>
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2013/0430MonoKekka.htm

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

 

ものづくり補助金支援

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。昨日は横浜はすごい雨でしたが今朝は晴れています。

本日の予定は、午前は都内で、午後は横浜市内で、共に製造業への補助金申請の支援を行います。

ものづくり補助金の2次公募の締切が7月10日ですので、それまでは補助金申請支援の業務が多くなっています。

1次公募では、1万件を超す申請に対して4000件超の採択でした。予想を超える申請件数で驚きましたが、2次公募はそれをさらに上回る申請があるのではないかと思われます。

認定支援機関としての確認書発行も可能です。少しでも採択の可能性をあげたいというお客様はぜひお声かけください。

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

 

神奈川産業振興センターからSBIR活用促進事業を業務受託

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

弊社はこの度、(財)神奈川産業振興センターから平成24年度SBIR中小企業技術革新制度活用促進事業の業務委託を受けることとなりました。本事業は国の研究開発補助金の活用を通して中小企業の皆様の経営革新を促進するための事業です。今後、専用のSBIR特設ホームページを開設し、ホームページでの公募情報の発信以外にもメルマガなどでも情報発信していきたいと思います。また、神奈川産業振興センター内に相談窓口も設置する予定です。ぜひご活用下さい。

 

新規事業開発コンサルティング:補助金活用で新規事業開発

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

先週10月13日(木)に神奈川産業振興センターにて新技術・新製品開発のための公的補助金活用セミナーを開催させて頂きました。総勢45名の方々に参加頂き、「大変役に立った」とのアンケート結果を多数頂き、責任を果たせた思いで感謝しております。

さて本セミナーでは、公的補助金には2つの活用タイプがあることをご紹介させて頂きました。1つは自社でやると決めた新技術・新製品開発計画の資金調達手段としての活用方法、もう1つはまだ自社でテーマも何もない状態からでも補助金を活用することができる新規事業開発としての活用方法です。前者が通常の活用方法ですが、後者のような活用方法もあることをご紹介させて頂きました。

国の公的補助金は開発テーマの新規性・革新性のほかにも共同開発体制の構築が求められます。国の補助金の採択を受けるためには、研究開発テーマを磨き、研究開発体制も新たに構築するために有識者にヒアリングを行い、そのプロセスを回しながら計画を精緻化していきます。ある程度の準備期間を置き、そういったプロセスを踏むことで、当初は開発テーマもはっきりとしていなかった場合でも申請する時期になれば相応の研究開発計画を作成することが可能です。

「研究開発テーマがないから補助金活用はできない」、「新規事業を始めたいがテーマがないから無理」と最初からあきらめるのではなく、まずは挑戦しようという気概をもち、開発分野を絞り込めればあとはなんとかなるものです。補助金を活用し新規事業=経営革新へ取り組む企業が増えることに期待したいと思います。

新規事業開発でお悩みのお客様はご連絡下さいませ。初回の相談は無料です。

http://www.brave-con.co.jp/newbusi/newbusi_hojokin.html

 

SBIR補助金活用セミナー開催のお知らせ

横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

SBIR補助金活用セミナー・個別相談会を下記日程で開催することが決定いたしました。

  • 第一回 平成23年10月13日(木)
  • 第二回 平成23年12月15日(木)
  • 第三回 平成24年2月16日(木)

本セミナーは、弊社代表が所属するNPO法人総合プロデュース協会が神奈川産業振興センターから受託しているSBIR制度活用促進事業の一貫で実施するものです。

SBIR制度とは中小企業の皆様による研究開発とその事業化を一貫して支援する国の制度です。中小企業技術革新制度とも呼ばれています。

研究開発のための補助金・委託費等を特定補助金として国が公募し資金的な支援を行うほか、その成果を事業化するための支援策も用意されています。

神奈川県では、中小企業の研究開発を促進するため本制度の活用を推進しています。平成23年度はNPO法人総合プロデュース協会に事業を委託し、県内中小企業に対し、情報提供、アドバイス等を行います。

本セミナーでは弊社代表が講師を務めます。セミナー終了後は、個別相談会のお時間も作る予定です。

神奈川県内の中小企業の皆様で、研究開発、新製品開発を検討なさっている方々は、是非とも足をお運び頂けたらと思います。SBIR制度のご紹介以外にも新規事業開発に関するアドバイスも可能かと思います。奮ってご参加ください。

なお、申込み方法等の詳細はまた改めてご連絡させて頂きます。

取り急ぎご一報させて頂きます。