ITコンサルティング・中小企業のIT導入が進まない理由

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日横浜は晴れ、最高気温は22度の予想です。さすがに上着がないと寒く感じる気温かもしれません。

本日は午前中にパートナー会社と打ち合わせ後、午後は那須塩原のある支援先の工場を訪問します。

さて、2013年版(平成25年)中小企業白書の第4章には、中小企業のITの活用に関するアンケート調査結果がまとめられています。

<平成25年度中小企業白書>
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H25/PDF/h25_pdf_mokuji.html

中小企業は大企業に比べ生産性が低くそれを解決する手段としてITの活用が言わて久しいのですが、2012年11月調査時点で、以下の状況のようです。

会計ソフト・給与ソフトの導入はかなり進んでいますが、それ以外は中小企業で約半数、小規模事業者では4分の1といった感じでしょうか(小規模事業者とは、商業サービス業だと5名以下、製造業その他の業者の場合は20名以下がそれに該当します)。

2-4-3

そして、重視している経営課題別にその解決のためにITの活用が必要と考えている割合と実際にITを導入した割合を示したのが下図です。

下図は小規模事業者を対象にした調査結果ですが、ITの活用が必要と考えていながら、実際にITを導入した割合は半分にも至っていないのが現状のようです。

2-4-9

そして、ITの活用が必要と考えているが、ITを導入していない理由を示したのが下図です。

1位:導入の効果がわからない
2位:コストが負担できない
3位:業務にあった製品がない
4位:IT人材がいない
5位:従業員がITを使いこなせない
6位:適切なアドバイザーがいない

といった理由が挙げられています。

2-4-11

弊社では、まさにこのITを導入したいが今一歩踏み出せない中小企業を対象に、ITの導入コンサルティングを行っています。導入効果を見極め、業務にあった製品を選定、低価格で調達できるよう調整し、人材研修も実施しながら、ITを使いこなせるようスムーズな導入支援を行います。

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

生産管理システム導入コンサルティング

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は曇り空、肌寒い朝となっています。最高気温は21度までしか上がらない予想です。紅葉も色づき始めるような時期になってきたのでしょうか。

本日は午前は県内建設業の経営改善支援を、午後は群馬県まで足を延ばし生産管理システムの導入支援を行います。

さて、中小製造業向けの生産管理システムは市場には数えきれないほど存在しています。弊社では第三者の目線で生産管理システムおよびシステムベンダーの選定を支援するサービスを提供しています。

通常、生産管理のやり方は会社会社によってまちまちですので、熱意や価格だけでベンダーを選定してしまった場合、カスタマイズの検討に大きく時間を取られ、カスタマイズ費用も膨らみ、結果として導入費用が予算を超えてしまうということがよくあります。

それを防ぐためにも、まずはシステムを導入する目的が明確か確認し、その目的を達成するために最適なシステム、ベンダーを選定する必要がありますが、やはり業務を洗い出し、世の中の生産管理システムの情報を収集、業務との比較をあらかじめ行い、譲れない線を明らかにしておく。そのうえで、導入候補となる開発ベンダーへ見積もり依頼を取り、交渉する、こういった手順を踏むことで、ベンダー選定時には導入するシステムイメージが出来上がり、導入後の運用も明確になり、費用が膨らむということもないでしょう。

この検討の過程で、世の中のシステムと生産管理手法を熟知した弊社のようなコンサルタントがお役に立つと考えています。結果としてシステム導入に関するトータルコストは削減でき、導入後もシステムを有効に活用できると確信しています。ぜひお声かけ下さいませ。

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

ITコンサルティング-クラウドに対する意識変化-

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日横浜は曇り空、最高気温は29度、時々雨の予報となっていますね。ジメジメとした天気になるのでしょうか。まだまだ暑いですね。本日午前は、お客様と都内のITベンダーを訪問、午後は湘南地域でIT導入支援を行います。

さて、本日の朝一情報は、先日ご紹介したMM総研が発表したITクラウドサービスに関するアンケート調査結果についてです。先日はITクラウドサービスの市場が今後急成長することが予想されるということを本ブログで取り上げましたが、その背景としては、国内ユーザの意識変化があるということのようです。

米国などでは、いち早くクラウドの普及が先行していましたが、日本においても「クラウドファースト」が浸透してきた模様とのこと。G-mailやGoogleApps、セールスフォースなど身近なところでクラウドサービスが浸透してきていることが意識変化を生んでいることと思います。またクラウドの方がBCP(ビジネスコンニュティプラン)的には優れているということで東日本大震災以降見直されいてるという背景もあるようです。弊社で提供するクラウド型生産管理・原価管理システムもこの波に乗っていきたいと思います。

1377672809-1

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

 

ITコンサルティング-急成長するクラウドサービス市場-

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は晴れ、最高気温は35度が予想されています。久しぶりの夏日になりそうですね。本日は午後からパートナー会社との打合せの予定です。

さて、昨日の日経新聞にも掲載がありましたが、ITのクラウドサービス市場規模の予測を調査会社のMM総研が発表しています。

今後5年で国内のIT投資全体としては25兆円で横ばいに推移するものの、クラウドサービスの市場規模は現在の5000億円から2兆円へと4倍にまで急成長するといいます。今後のシステム投資は、自社でサーバ運用するオンプレミス型からクラウドで運用するシステムへと急速に変化していきます。

1377672809-2

<MM総研ニュースリリース>
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120130828500

弊社もこの成長市場を狙って、今般、クラウド型生産管理・原価管理システムの企画開発に着手しました。日経新聞の同紙面には、IBMが中小企業をターゲットにクラウド型サービスを充実させるとの記事も掲載されていました。クラウド市場の争奪戦が激化していきます。大手に負けない弱者なりの戦い方をしていきたいと思います。

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

 

 

生産管理・原価管理システム導入コンサルティング

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は晴れ、最高気温は34度が予想されています。暑い日が続きます。

本日午前は都内にてある製造業の支援で金融機関との打合せ、午後は湘南地域の製造業の生産管理・原価管理システムの導入支援を行います。

生産管理・原価管理システム導入支援では、弊社開発予定のシステムの説明をさせて頂きます。販売管理、購買管理、在庫管理、工程進捗管理、作業稼働日報管理、原価管理などを実装し、トータルな統合基幹業務システムです。コンセプトは「経営改善型の統合原価管理システム」です。

これまでこういった生産管理システムを導入しようと思ってもお金や人の問題で導入に至らなかった企業を対象に、クラウドサービスとして提供する予定です。原価管理をきっちりと行うことでより原価意識を強め、現場カイゼンを進め、収益向上へとつなげることを目的としています。

 

system

 

それでは本日も頑張っていきましょう。