認定事業再生士CTPに合格

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

2012年6月に受験した認定事業再生士CTPの合格通知が先週届きました。認定事業再生士CTPは、事業再生に関する必要かつ十分な知識と経験を有し、事業再生計画の策定および実行ができ、事業再生実務を行う上での高い職業倫理を有するものに与えられる民間資格です。一般社団法人事業再生士協会という団体が2006年から実施しています。

http://www.actp.jp/index.html

まだ資格審査が残っていますので、正式認定ではありませんが、やはり合格はうれしいものです。CTPの試験科目は3科目で、経営、法律、会計と事業再生に必要なスキルをトータルで問われます。試験問題はある窮地に陥った企業をケースとして取り上げ論文形式で回答せねばなりません。経営では、破綻する可能性を述べた上で破綻しないための再生計画を2案示せとか、法律では、法的整理と私的整理の違いや民事再生、会社更生法の違いを説明した上で再生手法を示せとか、会計では、実態B/S、清算B/Sを考え経済合理性を述べ、キャッシュフロー計算書を作成したり、別除権や優先債権の知識を元に返済計画を作成するなどなど実務を行っていないと回答できない問題が出されます。

受験者は、会計士や税理士、弁護士や中小企業診断士、銀行員やコンサルティング会社の方々など多岐に渡っているようですが、経営、法律、会計のスキルをトータルで求められるため、皆さん、相応の努力はなさって受験に挑んでいるものと思われます。私自身も、法律については試験前に勉強しなおし、なんとか2回目で全科目合格が果たせました。法律は、知識を詰め込めばなんとかなるので、他の経営や会計に比べ取り組み易いものと思われます。

いずれにしても実際に事業再生の現場に立ち会い、その会社の実情に見合った事業再生計画や返済計画などが当たり前に実務レベルで作成できる能力が求められます。今回はいい力試しになったかと思います。

今後、資格審査を受けCTP登録後は、人脈など幅を広げて、事業再生の分野により深く関わっていければと考えています。

 

ある銀行の経営相談会に参加

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

先日、ある地方銀行の経営相談会に招かれ相談員を務めました。1社1時間で5社、お昼を間にとって10時~4時までびっしりと濃密な時間を過ごさせて頂きました。アパレル関連の方からITサービス業、放送業界の方など多方面の経営者方から、経営改善に関するご相談を承りました。

リーマンショックがおきてから3年経過しますが、まだまだ景気はよくならず、景気の影響を受けやすい小規模事業者様はなんとか自分のやれる範囲で経営改善に取り組まれています。

資金繰り表による資金管理方法や固定費・変動費による毎月の収支管理、目標管理の考え方などいろいろと助言をさせて頂きました。自社だけでは限界が感じられた経営者にはコンサルタントの活用も効果がある旨、ご提案も差し上げました。

これを機に何らか経営改善に取り組まれて頂けたらと思います。

 

平成24年度中小企業支援ネットワーク強化事業

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

経済産業省は、平成23年度より中小企業の経営支援策の一環として中小企業支援ネットワーク強化事業を行っています。地域の中小企業支援機関と経済産業省が認定したネットワークアドバイザーとで中小企業の経営課題の解決の支援を行うというものです。

平成24年度は経済産業省の関東経済産業局の所管で全199名のネットワークアドバイザーが認定され実働しており、弊社代表もその一員として活動しています。現在は主に神奈川県内の信用金庫様と共に取引先様の経営支援を行っています。金融円滑化法が来年3月で終了することに伴い、今年度中に厳しい経営状況の取引先様の道筋をつけるために経営改善計画・返済計画の策定を行っています。

それ以外にも営業力強化や新規事業開発、新規事業の事業化支援などもネットワーク強化事業で対応可能です。利用は無料ですので、一度ご利用されてみるとよろしいかと思います。

<中小企業支援ネットワーク強化事業のサイト>
http://www.pasona.co.jp/pr/nw/kanto/

<神奈川エリアのネットワークアドバイザーのご紹介>
http://pasona-nw.force.com/sodanin?State=kanagawa

 

中小企業金融円滑化法終了にらみ県内金融機関が経営支援強化

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

昨日の日経新聞神奈川板に県内信用金庫が経営支援を強化しているとの記事が掲載されていました。いずれも金融円滑化法をにらみ、経営支援を強化するために外部連携を強めたり、行内の人材育成を強化したりといった取り組みを行っていることが紹介されていました。弊社代表も関わらせて頂いております。

国はリレーションシップバンキングという地域密着型金融を推進しており、その中心として信用金庫に期待しています。今後もそういった機能が拡充されていくかと思いますので、融資ご利用の企業様もご認識の上、金融機関の営業担当者と接してみるとよいかと思います。

事業再生コンサルティング・中小企業金融円滑化法が再延長

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

今年3月末までの期限を再延長すべきかどうか判断が注目されていた中小企業金融円滑化法ですが、予想に反し、昨年末に突如、来年3月末までの再延長の決定がなされました。

http://www.fsa.go.jp/common/conference/danwa/20111227-1.html

出口戦略もないまま今年3月に終了させることは影響が大きすぎるとの慎重論が多数を占めたようで、「今回に限り、再延長する」、との判断がなされたようです。今後、金融庁は、中小企業への事業再生へ向けた支援に注力していくといいます。

弊社でも、ある信用金庫様の取引先の経営支援に携わらせて頂いています。抜本的で実現可能な経営改善計画の策定が求められますが、弊社ではこれまで多数の計画策定と支援の実績がございます。

残された時間で経営の再建を図る必要がある企業様、もしくは金融機関の担当者様は、お力になれることもあるかと思います。是非とも弊社までお問い合せ下さいませ。