歯科医院も利用可能なものづくり商業サービス革新補助金

経営革新等支援機関・認定支援機関のブレイブコンサルティングの代表です。

本年2015年/平成27年公募予定のものづくり・商業・サービス革新補助金(通称・ものづくり補助金)ですが、歯科医院のお客様から本補助金の申請に関するお問い合わせを頂き始めております。

昨年から本補助金は、サービス業にも門戸が広げられ、歯科医院は医療サービスの分類になることから補助対象者となっており(ただし法人格をもった医療法人は対象外)、昨年全国で11社の歯科医院様が採択されています(うち2社は弊社でご支援させて頂きました)。

歯科業界は、3D-CAD/CAMの技術進歩で補綴物を従来の鋳造方式から3D-CAD/CAMでの削り出しによる製作に移り始めているほか、インプラント治療に関する技術も日進月歩であり、そういったテーマでの採択が多く見受けられます。その他にもCTやマイクロスコープの導入などにも利用可能です。

新たな治療法導入のため設備投資をお考えの歯科医院様には本補助金は活用可能でございます(最大で1000万円の補助が受けられます)。本年2015年/平成27年は、早くて2月中旬から公募が開始される予定です(2次公募は7月上旬予定)。

弊社では、申請に関するご相談から申請書作成支援のコンサルティングサービスを提供しております。着手金+成功報酬型の料金体系としておりますため安心してご利用頂けるかと思います。

詳細はお問い合わせ下さいませ。歯科医院様の補助金の申請支援は、歯科医療・歯科医院経営に精通しております弊社にお任せ下さい。

——
2015年のものづくり・商業・サービス革新補助金の支援概要は以下のページを参照下さい。
http://www.brave-con.co.jp/newbusi/newbusi_monodukuri.html

 

 

 

ものづくり補助金の第二次公募結果が公表

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は晴れ、最高気温は33度が予想されています。今日で8月も最終日ですね。本日は土曜日ですが午後からパートナー会社との打合せを行います。

さて、平成24年度補正予算のものづくり補助金の第二次公募の採択結果が昨日公表されました。11,926件の応募に対して5,612件の採択を決定したとのことで、第一次公募(一次・二次締め切りの合計で12,045件の応募で4,906件の採択)とあわせると全体で10,518件の採択となり、予定通り1万社の採択がなされました(結果、これにて公募は終了の模様です)。

中小製造業向けの補助金では過去最大と言ってもよい今年のものづくり補助金(約1000億円の予算規模)ですが、当初は1万社も応募はないんじゃないかとも思っておりましたが、ふたを開けてみると2万社以上が応募するという活況を呈しました。

弊社もお手伝いさせて頂いた会社様も複数採択されましたが、残念ながら不採択となった会社様もございます。分かれ目はやはり、中小ものづくり高度化法22分野の技術開発に如何にマッチしているか、だったように思います。一見、採択は難しそうなご要望にもそれに近づけ採択となった会社様もありました。不採択となった会社にはまた機会を見つけて今後も支援させて頂けたらと考えています。

<2次公募採択結果>
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2013/130830MonoKekka.htm

<1次公募(二次締め切り採択結果)>
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2013/130531Mono.htm

<1次公募(一次締め切り採択結果)>
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2013/0430MonoKekka.htm

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

 

ものづくり補助金支援

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。昨日は横浜はすごい雨でしたが今朝は晴れています。

本日の予定は、午前は都内で、午後は横浜市内で、共に製造業への補助金申請の支援を行います。

ものづくり補助金の2次公募の締切が7月10日ですので、それまでは補助金申請支援の業務が多くなっています。

1次公募では、1万件を超す申請に対して4000件超の採択でした。予想を超える申請件数で驚きましたが、2次公募はそれをさらに上回る申請があるのではないかと思われます。

認定支援機関としての確認書発行も可能です。少しでも採択の可能性をあげたいというお客様はぜひお声かけください。

それでは本日も頑張っていきましょう。