大企業の業況判断DIがプラスへ

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は穏やかな朝を迎えています。

本日は、久しぶりに丸一日を事務に当てる予定です。来週の展示会の準備やある公募案件の準備、その他コンサルティングの準備を行います。

昨日、6月の日銀短観が公表されました。大企業の製造業の業況判断DIが+4ポイント、大企業の非製造業のそれが+12ポイントと、3月調査時よりもそれぞれ大幅に改善しています。

業況判断DIの推移をみるとリーマンショック以降大企業製造業の戻りが鈍かったのですがここにきて、円高解消や株価上昇などの効果もあってか2011年9月時以来のプラスになったようです。

一方、中小企業も回復の兆しもあるもののまだ全体で-8ポイントと景気回復を実感できていない企業が多いようです。まずは大企業からその後、中堅、中小へと波及していくことが考えられます。

アベノミクス効果もありますが、中小企業経営者の皆様は、景気に左右されずに着実な堅実経営を行って頂きたいと思います。

DI20130701

 

 

 

 

出所:みずほ総合研究所日銀短観解説レポート

それでは本日も頑張っていきましょう。