中国蘇州への出張報告

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。昨晩、中国蘇州から帰ってまいりました。本日横浜は快晴です。気持ち良い日本晴れですね。

今回、中国蘇州へは二泊三日の出張でしたが、お声かけ頂いたお客様が航空券やホテルの手配はもとより、移動手段や食事まで何から何まで面倒を見て下さいまして至れり尽くせりな出張と相成りました。大変ありがとうございました。

さて、7年振りとなった中国ですが、まだまだ勢いは衰えることなく発展途上にある印象を強く受けました。

蘇州は上海浦東空港から車で約2時間の位地にありますが、2000年に人口は135万人だったのが2011年には540万人と約4倍にもなっています。また、Wikipediaによると、2012年の統計で、蘇州の市内総生産は1兆500億人民元であり、これは中国の都市で第6位、省都南京を大きく上回り、華東では上海に次ぐ第2位の規模とのこと。著しい経済発展を遂げているようです。

下の写真は、ホテル前から撮影した「東方之門」と呼ばれるアーチ形高層ビルです。資金難で何度か建設が中断したりしたそうですが、蘇州のランドマークとして建設が進んでいます。

IMG00495

街中を車で走るとまだまだ建設中の現場が目を引きます。高層マンションも数多く立ち並び、まだまだ開発は進みそうです。昨年、地下鉄一号線が開通し、来年には四号線まで開通予定とのこと。

IMG00504

IMG00507

IMG00513

今回訪問した会社も急成長を遂げています。ある加工装置を製造販売している中国の会社ですが、6年前は50人だった社員数も今は350人を超えています。下の写真は本社ですが、本社とは別に工場団地に新たに新工場も建設しています。蘇州には500社以上の日本企業が進出していますが、名だたる日本の大企業に並んで新工場が建設されておりました(日本企業の蘇州進出状況の記事がありましたので参照下さい。本記事は400社ですが昨年500社を達成したようです)。

IMG00499

トップの社長はバイタリティ溢れる方で、今後は欧米などの海外市場への販売強化を図っていきたいといいます。資金調達手段として株式公開の準備も始めています。

社員はみな若く、平均年齢も27,8歳ではないかとのこと。多くの若者が地方から出てきておりこの会社の成長を支えています。いくつかの事業部がありましたが、部長も30歳前の若者が事業を仕切っています。日本語の通訳をしてくれた女性(入社3年目の28歳)も大変優秀で、日本への留学や駐在経験もないにも関わらずほぼペラペラです。優秀な人材も多く集まっているようでした。

余談ですが、その女性、電車で10時間はかかる地方から出てきているとのことで、国慶節では往復計20時間、超満員の電車に揺られて(それも立ちっぱなしで)帰省してきたとのことでした。名探偵コナンを見て日本語を勉強しているとも言っておりました。

技術では勝る日本の製造業が事業ではなぜ勝てないのかといわれて久しいですが、この会社は、最新技術で高精度、高品質ではなくても、いい品質の製品を安く作る能力に長けているんだと感じました(最新技術の導入にも注力はしていますが)。日本企業は多くの分野でこういう海外企業に後れを取っていると思います。今回はスポット的なお仕事で次回はあるかどうかはわかりませんが、中国企業の成長の現場を生で見る機会を頂けたことに感謝したいと思います。

日本は3連休ですが、溜まった仕事をこなす予定です。
それでは本日も頑張っていきましょう。