事業再生コンサルティング-DDS(デット・デット・スワップ)の活用-

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。今日の横浜は晴れ、秋らしい薄い雲が出ています。最高気温は28度、少し暑そうですね。

本日は都内の支援先の経営改善計画の金融機関説明に立ち会います。

さて、事業再生の現場では、近年DDS(デット・デット・スワップ)と呼ばれる金融支援を受け再生に取り組む中小企業も多くなってきています。

DDSとは「金融機関が既存の貸出債権を他の一般債権よりも返済順位が低い資本的劣後ローンに切り替える手法」のことをいいますが、金融機関にも借り手である中小企業にも双方にメリットがあり活用が進み始めているようです。

金融機関としては、一定の要件を満たせばこのDDSを資本とみなすことができることになっているため、債務超過企業もDDSを考慮すれば債務超過解消とみなすことが可能となり、債務者区分のランクアップが期待でき、結果、貸倒引当金を積み増す必要がなくなり、会社として利益の確保につながるというメリットがあります。

また、DDSを行った中小企業には、実現可能性の高い経営改善計画の作成を求め、DDSとあわせた計画の実行により再生可能性が一層高まり、正常先へと改善できるメリットもあります。

借り手である中小企業にとっても、債務の劣後化により、借入負担が軽減されるほか、経営改善計画に従って改善を進めることで、金融機関からも金融支援を継続的に受けられるメリットがあります。

双方にとってメリットがあるDDSですが、やはり肝要なのは実現可能性の高い経営改善計画の作成とその着実な実行です。計画が実現不可能、もしくは絵にかいた餅ではDDSを行っても問題先送りの何物でもありません。

本日、ある支援先の金融機関説明に立ち会いますが、まさにこのDDSを活用しようという企業で、金融機関、支援先双方ともにこの経営改善計画の重要さを認識のうえで、弊社にお声かけ下さり、改善計画の策定支援を行ってまいりました。今後は、計画の着実な実行を支援していきたいと考えています。

それでは本日も頑張っていきましょう。