生産管理システム導入コンサルティング

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は曇り空、肌寒い朝となっています。最高気温は21度までしか上がらない予想です。紅葉も色づき始めるような時期になってきたのでしょうか。

本日は午前は県内建設業の経営改善支援を、午後は群馬県まで足を延ばし生産管理システムの導入支援を行います。

さて、中小製造業向けの生産管理システムは市場には数えきれないほど存在しています。弊社では第三者の目線で生産管理システムおよびシステムベンダーの選定を支援するサービスを提供しています。

通常、生産管理のやり方は会社会社によってまちまちですので、熱意や価格だけでベンダーを選定してしまった場合、カスタマイズの検討に大きく時間を取られ、カスタマイズ費用も膨らみ、結果として導入費用が予算を超えてしまうということがよくあります。

それを防ぐためにも、まずはシステムを導入する目的が明確か確認し、その目的を達成するために最適なシステム、ベンダーを選定する必要がありますが、やはり業務を洗い出し、世の中の生産管理システムの情報を収集、業務との比較をあらかじめ行い、譲れない線を明らかにしておく。そのうえで、導入候補となる開発ベンダーへ見積もり依頼を取り、交渉する、こういった手順を踏むことで、ベンダー選定時には導入するシステムイメージが出来上がり、導入後の運用も明確になり、費用が膨らむということもないでしょう。

この検討の過程で、世の中のシステムと生産管理手法を熟知した弊社のようなコンサルタントがお役に立つと考えています。結果としてシステム導入に関するトータルコストは削減でき、導入後もシステムを有効に活用できると確信しています。ぜひお声かけ下さいませ。

それでは本日も頑張っていきましょう。