経済状況改善し消費増税が確定

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は雨模様、はっきりしない天気が続きそうです。

本日は埼玉県のスポーツクラブの経営改善支援を行います。

さて、昨日、来年4月から消費税率8%となることが確定しました。安倍首相は熟慮した結果、「経済再生と財政健全化は両立し得る」として決断を下したようですね。以下、消費税率引き上げを決めた理由を述べた安倍首相の記者会見の抜粋です。

最後の最後まで考え抜きました。足元の日本経済はどうか。次元の違う三本の矢の効果で回復の兆しを見せています。2期連続で3%以上のプラス成長、有効求人倍率も0.95まで回復しました。生産も消費も、そしてようやく設備投資も持ち直してきています。15年間にわたるデフレマインドによってもたらされた日本経済の縮みマインドは変化しつつある。であれば、大胆な経済対策を果断に実行し、この景気回復のチャンスをさらに確実なものにすることにより、経済再生と財政健全化は両立し得る。これが熟慮した上での私の結論です。
—-
(出所:平成25年10月1日安倍内閣総理大臣記者会見より)
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/1001kaiken.html

2期連続での3%以上のプラス成長と言っているのは、GDP成長率のことですね。今年の1-3月期は2次速報で年換算で4.1%、4-6月期は1次速報は2.6%と弱含みで懸念されましたがその後9月9日に公表された2次速報で3.1%に上方修正され、これが消費税増税をほぼ決定付けたと言っても過言ではないでしょう。

<2013年1-3月期GDP速報(2次速報)>
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/sokuhou/files/2013/qe131_2/pdf/gaiyou1312.pdf
<2013年4-6月期GDP速報(2次速報)>
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/sokuhou/gaiyou/pdf/main_1.pdf

数字のマジック的なところもあるやに思えますが、昨日同じタイミングで発表された日銀短観の企業DIも大企業、中小企業ともに改善している模様です。かなりアベノミクスによる経済再建が企業経営にも波及してきているようですね。あとは安倍首相も言っている賃金、雇用にいかに結び付き、消費にも波及していくか、でしょうか。消費税増税によって消費は間違いなく冷え込みますから、それまでの経済再生がどこまで進むか、その後の回復がどれほどになるか注目されます。

<日本経済新聞:日銀短観、大企業・製造業DIプラス12 金融危機前回復>
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0100H_R01C13A0MM0000/

それでは本日も頑張っていきましょう。