2014年ものづくり補助金の予算が2000億円と倍増

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。3連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。本日横浜は曇り空、最高気温は27度が予想されています。最低気温は18度と朝晩は寒いくらいで風邪を引かないように注意したいですね。

本日は湘南地域の製造業の生産管理システム導入支援を行います。

さて、今年の中小製造業向けの目玉施策だったものづくり補助金ですが、予算規模は1000億円、上限1000万円までの補助で、1万社を対象に採択がなされました。それが、来年度は予算額が今年度の倍増の2000億円の予算を計上することで中小企業庁は動いているそうです。

平成25年度補正予算で計上されるようですので、今年と大よそ同じスケジュールで公募があるものと思われます(今年は3月25日に第一回公募が開始されました)。

先週金曜日の日経新聞で知りましたが、日刊工業新聞では8月16日付けで記事になっておりました。

——
企業庁、中小支援に2000億円超-「ものづくり補助金」上限倍増2000万円
掲載日 2013年08月16日

経済産業省・中小企業庁は、中小企業の技術開発を後押しする「ものづくり補助金」として、2000億円超の予算を計上する方針を固めた。試作品開発や設備投資などに必要な経費について、最大1000万円(補助率3分の2)を補助する現行制度の支援上限を2000万円に引き上げる。ただ、実現には経済産業省が例年当初予算で投じる中小企業対策費総額を上回る予算を伴うため、13年度補正での措置を視野に入れている。

試作品開発や設備投資、テスト販売といった取り組みに加え、販路開拓の取り組みも新たに支援対象に加える方針だ。

「スーパーものづくり補助金」として異例の拡充を検討する背景には、中小企業・小規模事業者の活力によって経済成長を実現したいという政府の戦略がある。同補助金事業そのものが緊急経済対策として編成された12年度補正予算で実施されており、約1万社を支援対象に1007億円を措置した中小企業対策の目玉施策。
——

採択を受けるためにも早くから開発テーマの検討や事業計画の準備は進めておくことをお勧めします。弊社は、今年のものづくり補助金も複数件の支援実績と採択実績もございます。ぜひご相談下さいませ。

それでは本日も頑張っていきましょう。

<2013年12月16日追記>
上記ブログ投稿後、2013年12月12日に平成25年度補正予算が閣議決定され、「ものづくり補助金」は製造業だけでなく商業、サービス業にも門戸を広げ「ものづくり・商業・サービス革新補助金」という名称になる予定であることが経済産業省から公表されました。補助金上限は1000万円で今年と変わらない予定です。以下のブログを参照下さい。

ものづくり・商業・サービス革新補助金の概要(2013年12月16日投稿)