日本再興戦略を確認(その2)

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は晴れ、最高気温は34度が予想されています。

本日は午前は湘南地域の製造業へ生産管理・原価管理システムの導入支援、午後はある製造業の販路開拓支援を行います。

さて、朝一情報は、日本再興戦略のその2です。前回は戦略目標を確認しました。本日は3つのアクションプランを確認したいと思います。

actionplan

(1)日本産業再興プラン

  • グローバル競争に勝ち抜ける製造業を復活し、付加価値の高いサービス産業を創出します。
  • 企業が活動しやすく、個人の可能性が最大限発揮される社会を実現します。

(2)戦略市場創造プラン

  • 世界や我が国が直面している社会課題のうち、日本が国際的強みを持ち、グローバル市場の成長が期待でき、一定の戦略分野が見込める4つのテーマを選定し、これらの社会課題を世界に先駆けて解決することで、新たな成長分野を切り開きます。

(3)国際展開戦略

  • 積極的な世界市場展開と、対内直接投資拡大等を通じ、世界のヒト、モノ、お金を日本に惹きつけ、世界の経済成長を取り込みます。
  • 日本国内の徹底したグローバル化を進めます。
  • 政府一体となって、国内外で官民一体による戦略的な取組を進めます。

となっています。いずれも中小企業の皆様にとって気になるところではありますが、特に中小企業の皆様が注目したい中小企業向けプランとして、上記(2)の「戦略市場創造プラン」の中に「中小企業・小規模事業者の革新」と題して、以下の施策と成果目標が掲げられています。

sb

個人保証制度の見直しや国際展開を支援するとあります。注目すべきは「成果目標」ですね。「開業率・廃業率10%台を目指す」や「黒字企業を140万社に増やす」、「1万社の海外展開を実現する」とあります。チャレンジングな目標が掲げられているように思えます。

明日以降、この目標について、妥当性を検証してみたいと思います。

<出所:新たな成長戦略 ~「日本再興戦略-JAPAN is BACK-」を策定!~>
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/seicho_senryaku2013.html

それでは本日も頑張っていきましょう。