2013年4-6月実質GDPが年率換算で2.6%増

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は晴れ、最高気温は33度が予想されています。高知県四万十市で3日連続の40度超えなど各地で猛烈な暑さとなっているようですね。

本日は、午後から都内の製造小売業の経営改善支援を行います。

さて、昨日、2013年4-6月の実質GDP(国内総生産)が前期比0.6%増、年率換算で2.6%増となったことが内閣府から公表されました。これを受けて来年4月の消費税増税に向けての政治判断が注目されています。

安倍総理のブレーンの浜田宏一・米エール大名誉教授も消費税率上げには実質4%増は必要で一年先送りも一案との発言をしています。一方、安倍総理は、法人税率引き上げの検討指示を行い成長戦略と一体となって消費税率上げを実行することも検討しているようです。

最終判断は秋に行うようですが、いずれにしても中小企業としては来春あがる前提で価格転嫁をどうするかなど準備は進めるべきでしょう。

インタビュー:消費増税、1年先送りも一案=浜田内閣官房参与
首相、法人税率引き下げ検討指示 消費増税と一体 

それでは本日も頑張っていきましょう。