商店街活性化支援・コンサルティング

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日横浜は晴れ、最高気温は31度が予想されています。最近は猛暑とまではいかない天気が続いていていいですね。

さて、本日は午前はある商工会議所にて打合せ、午後は湘南地域の製造業の経営改善計画策定支援を、夜はパートナー会社との打合せを行います。

昨晩は、県西地域のある商店街にて、繁盛商店街の事例と活性化策についてお話しさせて頂きました。元気な商店街は、顧客を飽きさせず、また来街してもらおうと、連続的波状的にイベントやキャンペーンなどを実施しています。この費用の多くは、商店街組合に加入している個店の会費から賄われています。個店は商店街組合に加入し、組合が販促企画を実施することで、一店舗では到底できない集客が実現できているのです。

これから新たに活性化に取り組んでいこうという場合、やはり綿密な計画が必要です。中長期的な目標を立て、それに向けて何をするか、そのためにはいくら必要か、その費用をどう調達するか、といったことを検討整理します。基本的に費用は会費で賄いますが、個店にはこの活動のメリットを感じてもらう必要があります。取り纏め役はやはり大変ですが、商店街を活性化したいという強い気持ちも必要です。イベント以外にも、一店逸品運動、バルと呼ばれる食べ歩き企画、100円商店街、街ゼミ、B級グルメ、ゆるキャラなどなど活性化策も多様化しています。選択肢を評価し選択するという戦略的な思考も欠かせません。これから商店街を活性化したいとお考えの商店街幹部の方、ぜひご相談して頂けたらと思います。

それでは本日も頑張っていきましょう。