日本再興戦略を確認(その1)

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は晴れ、最高気温は34度が予想されています。昨日から2日間は外出の予定を入れずにどこか出かけようとも考えておりましたが、たまった仕事を少しずつこなしています。

本日は、改めて安倍内閣の成長戦略についてです。今年の6月14日に閣議決定された成長戦略ですが、当方も新聞の情報程度しかなかったため本ブログにて何回かにわけて遅ればせながら確認してみたいと思います。

安倍内閣の成長戦略の名前は「日本再興戦略」と命名されています。3本の矢の第三の矢として位置づけられています。

戦略目標として「今後10年間の平均で、名目GDP3%程度、実質GDP2%程度の実現」が掲げられ、その結果として「10年後の一人当たり名目国民総所得(GNI)が150万円以上拡大が期待される」としています。

sanbon

 

<出所:新たな成長戦略 ~「日本再興戦略-JAPAN is BACK-」を策定!~>
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/seicho_senryaku2013.html

実質GDPの目標としては「10年間の平均で2%程度」という数値は、先日のブログで投稿した「1991年~2012年度の平均0.9%」は上回るが、「1974~90年度の平均4.2%」までは届かないという数値目標です。

1990年後半からリーマンショック前までは2%前後の成長率を達成していましたから決して無理な数字ではなさそうですが、チャレンジングな数字ともいえない堅実的な数字の感じがしますね。

で、次にそれに続く「結果として名目国民総所得(名目GNI)が150万円以上拡大が期待される」という点を確認しておきます。

三面等価の原則から「生産」=「支出」=「所得」なので名目国内総生産(名目GDP)が今後年平均3%伸びた場合、2012年度の名目GDPが約480兆円(出所はこちら)なので2022年度には645兆円まで増加することになります。

一方、人口は減少傾向にあり、2012年度が1億2800万人、10年後は1億2400万人と推定されているため(出所はこちら)、それを元に一人当たり名目GNIを計算すると2012年度が375万円→2022年度が520万円と145万円の増加となり、目標値の「150万円」と凡そ一致します(当方でも試算できるわけですから合致するのは当然ですね)。

ただ、GNIは企業など経済活動を行うあらゆる主体の所得の合計であり、その伸びが給与などを通じてそのまま「国民の平均所得」の増加につながるわけではないという点は注意しておきたいと思います。日本の企業活動、経済活動全体として活性化するというイメージをもっておくとよいと思います。

参考までに一人当たり名目GNIの推移を確認しておくと以下の通りです。10年後の520万円という数字の高さが認識できるかと思います。

gni

 

<出所:【図解・経済】1人当たり国民総所得(GNI)の推移>
http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_eco_gni

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

経済成長率(=実質GDP伸び率)の推移を確認

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は晴れ、最高気温は34度が予想されています。本日は支援先の製造業の金融機関との打合せに出席します。

さて、昨日、2013年4-6月実質GDPの伸び率(年換算で2.6%増)について触れました。今日はこれまでの日本の実質GDPの推移について確認しておきたいと思います。少し調べると色々と出てきますが、以下の図表が最もわかりやすかったのでご紹介です。

91年~12年度まで年平均で0.9%増と、大体実感通りだとは思いますが低成長の時代を20年続けています。昨日の年率換算で2.6%増という数値はこの20年の傾向値を抜け出せないでいる数値なんですね。日本経済の成長を実感するには、やはりもう一歩先の4%台の数値が欲しいところです。

GDP

 

四半期ごとの実質成長率の推移も図表がありましたので掲載しておきます。2008年秋のリーマンショック以降、2011年は浮き沈みが激しかったようですが、大きな回復もないままプラスマイナスを行ったり来たりの状況です。今後、どうなっていくか着目していきたいと思います。

gdp2

 

<上記グラフの出所>
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4400.html
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4420.html

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

 

 

2013年4-6月実質GDPが年率換算で2.6%増

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は晴れ、最高気温は33度が予想されています。高知県四万十市で3日連続の40度超えなど各地で猛烈な暑さとなっているようですね。

本日は、午後から都内の製造小売業の経営改善支援を行います。

さて、昨日、2013年4-6月の実質GDP(国内総生産)が前期比0.6%増、年率換算で2.6%増となったことが内閣府から公表されました。これを受けて来年4月の消費税増税に向けての政治判断が注目されています。

安倍総理のブレーンの浜田宏一・米エール大名誉教授も消費税率上げには実質4%増は必要で一年先送りも一案との発言をしています。一方、安倍総理は、法人税率引き上げの検討指示を行い成長戦略と一体となって消費税率上げを実行することも検討しているようです。

最終判断は秋に行うようですが、いずれにしても中小企業としては来春あがる前提で価格転嫁をどうするかなど準備は進めるべきでしょう。

インタビュー:消費増税、1年先送りも一案=浜田内閣官房参与
首相、法人税率引き下げ検討指示 消費増税と一体 

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

 

知的資産活用コンサルティング・知的資産経営報告書作成のすすめ

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。今日も横浜は晴れ、最高気温は36度が予想されています。暑い日が続きますね。本日は、午前は都内の卸業の経営改善支援、午後は製造業の販路開拓支援を行います。

さて、先日のブログ「自社の強みを見える化する」の中で知的資産について軽く触れました。知的資産とは、目に見えない経営資源と表現しましたが、技術や知財のほか、管理手法や人材育成の取り組みなど、企業活動において競争力の源泉となっている財務諸表に現れない目に見えない経営資源をそう表現しています。

経済産業省は、中小企業に対して、持続的な経営を行っていくにはこのような知的資産に着目した経営が必要であり、それを関係するステークホルダーに開示するべく知的資産経営報告書を作成することを推奨しています。開示することで、以下のメリットがあると謳っています。

1.企業価値が増大する(=企業の実力を正しく評価してもらえる)
2.経営資源が最適に配分される
3.資金調達が容易になる
4.従業員のモチベーションが向上する
5.知的資産への再投資が可能になる

<経済産業省の知的資産経営ポータルサイト>
http://www.smrj.go.jp/keiei/chitekishisan/index.html

<中小企業基盤整備機構の知的資産経営サイト>
http://www.smrj.go.jp/keiei/chitekishisan/index.html

当方でも、この知的資産経営報告書(=過去は魅力発信レポートと呼ばれている時期もありました)を2010年に4社ほど作成させて頂きました。<レントラ便のハーツ>はそのうちの1社です。今後の経営計画として、会社案内として、様々なシーンで幅広く活用し喜んで頂きました。

<レントラ便のハーツ>
http://miryoku.smrj.go.jp/pdf/report0288.pdf

ぜひご覧になってご興味を持って頂けたらと思います。

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

 

 

 

 

生産管理・原価管理システム導入コンサルティング

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は晴れ、最高気温は34度が予想されています。暑い日が続きます。

本日午前は都内にてある製造業の支援で金融機関との打合せ、午後は湘南地域の製造業の生産管理・原価管理システムの導入支援を行います。

生産管理・原価管理システム導入支援では、弊社開発予定のシステムの説明をさせて頂きます。販売管理、購買管理、在庫管理、工程進捗管理、作業稼働日報管理、原価管理などを実装し、トータルな統合基幹業務システムです。コンセプトは「経営改善型の統合原価管理システム」です。

これまでこういった生産管理システムを導入しようと思ってもお金や人の問題で導入に至らなかった企業を対象に、クラウドサービスとして提供する予定です。原価管理をきっちりと行うことでより原価意識を強め、現場カイゼンを進め、収益向上へとつなげることを目的としています。

 

system

 

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

 

作業日報は利益創出・原価管理の基本

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日横浜は晴れ、最高気温は33度が予想されています。今日も暑くなりそうですね。本日は終日岐阜県の方まで出張です。

本日は製造業の原価管理についてです。中小企業では原価管理をシステム導入ししっかりやっているところもあれば、原価管理の基本といえる作業日報も書いていないところもあったりします。

作業日報を書いていなくてもしっかりと利益が確保できている会社は、まったく原価管理をやっていないかというとそうでもなく、自社のチャージレートや見積り作業時間を適切に把握し、顧客と交渉、適正価格での受注を行っています。受注後はあとはこの通りうまくやるだろう、何か問題が発生すれば上に言えとの感覚で作業日報の管理をなくし効率化していると考えられます。

最も問題なのは作業日報を書いておらず利益が出ていない会社です。これは設定しているチャージレートがおかしいか、見積り作業時間が実績と乖離しているか、もしくは仕事量自体が不足し社員数が多すぎるのかいずれが原因です(外注費や部材費の問題もありますがここでは基本見積り通りとなる前提です。多くのケースで、社員の皆さんは忙しく仕事をしていることが多いため作業にムダが多く発生していることも考えられますが、価格競争に陥り適正価格がわからなくなっている方が多いと感じています)。

まずはやはり利益が出ていない原因を明確にするために現状を把握すべきです。チャージレートの計算は直近の労務費・経費、作業時間などで計算はできます。あとは作業時間を把握しなければなりません。やはり作業日報を書き始めることが重要となります。

直接作業に従事する作業員は出勤から退社まで一日何の仕事を何時間したかを記入、集計し現状を把握します。これで原因の分析は可能となります。そこからは対策が待っています。赤字案件の撲滅を進めていくわけですが、これがまた大変な労力を要します。

もっと利益を出したいとお考えの経営者様はぜひお声をおかけくださいませ。

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

エネルギー使用合理化事業者支援事業補助金が公募中

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日横浜は晴れ、最高気温は35度が予想されています。久しぶりに猛暑日になりそうです。午前中に製造業の販路開拓支援を行い、午後からは事務所仕事の予定です。

さて、昨日に引き続き、省エネ関連の補助金情報です。以下の補助金の受付が始まっています。8月27日が締め切りとなっていますので、業務用エアコンや冷蔵庫、冷凍庫などの設備を導入予定の企業様は応募してみてはいかがでしょうか。

—————–
【エネルギー使用合理化事業者支援事業補助金 (小規模事業者実証分)】

本事業は、小規模事業者による省エネルギー性能の高い機器及び設備の導入に要する経費の一部を補助することで、小規模事業者における省エネルギーを推進させることを目的としており、中小企業庁からの委託を受け、その事務局である一般財団法人省エネルギーセンターが本事業を実施しています。

◆補助対象者
省エネルギーの推進に取り組む小規模事業者
(小規模事業者の定義)
商業・サービス業     従業員 5人以下
製造業等その他の業種   従業員20人以下

◆補助対象設備
トップランナー基準を達成している業務用エアコンディショナー、業務用冷蔵庫及び業務用冷凍庫(ただし、2003年以前に製造された機器の設備更新に限る)

◆補助対象経費
業務用エアコンディショナー、業務用冷蔵庫、業務用冷凍庫の機器費および工事費(既設機器の撤去費、工事費、冷媒漏えい防止に必要な経費を含む)

◆補助率及び補助金限度額
補助額は、補助対象設備に関する購入費と設置工事費の合計の1/3以内とします。補助対象経費の上限は150万円とし、それを超えるものについては一律50万円までの補助とします。ただし、消費税は対象外とします。

◆公募期間
平成25年7月31日(水)~平成25年8月27日(火)17:00必着

◆詳細URL
http://www.eccj.or.jp/grant/index.html

◆お問い合わせ先
一般財団法人省エネルギーセンター 家庭・人材総括部務局
TEL: 03-5543-3064
—————–

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

無料省エネ診断でコスト削減の勧め

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日横浜は曇り空、曇り時々雨の予報が出ています。気温は30度、少し蒸し蒸ししそうですね。本日は午前、午後と都内の卸業2社の経営改善支援を行います。

夏場は冷房などで電力需要もピークとなります。一般社団法人省エネルギーセンターでは、国の事業委託を受けて、無料省エネ診断を行っています。省エネに関する専門家を一日派遣し、省エネのための改善提案をレポートとしてまとめて頂けます。現状分析を行い、削減効果まで試算してくれます。今からでも間に合います、ぜひ受診してムダを削減して頂けたらと思います。

<省エネ・節電ポータルサイト>
http://www.shindan-net.jp/index.html

<診断報告書サンプル>
http://www.shindan-net.jp/service/pdf/shindan_sample02.pdf

 

 

自社の強みを見える化する

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。横浜は午前5時30分現在晴れ、最高気温は30度が予想されています。さほど暑くならずすごしやすい天気が続いていますね。

本日は午前は湘南地域の製造業の経営改善支援、午後はある地域の製造業の強みを引き出し会社案内を作成するという仕事をします。

色々な仕事をしていますが、ある行政からの受託事業で、今週から製造業の会社案内を作成する仕事が本格化します。パートナーコンサルタントと手分けして二十数社の企業の会社案内を作成し最終的に紹介冊子とします。

強みを引き出すのもコンサルタントのスキルの一つです。この会社はお客様のどういうニーズに応えていて、その分野において競合他社と比べ何が優れているのかヒアリングで紐解きます。

また、目に見えない経営資源(=知的資産と呼んだりします)にも着目します。特許などの知的財産権だけでなく、技術ノウハウ、品質管理技法、5Sの徹底、人材育成の取り組みなどそういった何気ない社内での徹底事項も見える化することで会社の強みとすることができます。

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

モスジーバー・高齢者パワーの活用

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。昨日は不覚にも投稿できず平日の連続投稿記録が途絶えてしまいました。また気を取り直して頑張りたいと思います。

本日横浜は曇り、最高気温は29度、昨日と同様過ごしやすい天気になりそうです。本日は補助金申請や経営改善計画策定のほか、来週から本格化する生産管理・原価管理システムの導入支援準備などなどたまったお仕事をやりぬく予定です。

さて、皆様は、モスジーバーという言葉を聞いたことはありますでしょうか?昨日参加したあるセミナーで伺ったのですが、モスバーガーの店舗では高齢者を積極的に採用しており、その高齢者を「モスで働く爺さん・婆さん」ということでモスジーバーという名がついたとのこと。なんでも五反田支店で通常の若手クラスのバイトが集まらなかったため、年齢層拡大して採用したら、立ち仕事も苦にせず、テキパキと仕事をし、接客態度も申し分なく、クレームも減少したため、採用を増やしていっているといいます。調べてみるとこの単語、大分前(2006年頃)から使われてるみたいですね。

そういえば、当方よくいく松屋のある店舗にも、もう70近いと思われるお婆さんがテキパキと仕事をしています。製造業の現場では高齢者はいまだ健在ですが、これまでは若手が常識と思われていたこういったチェーン店でも高齢者パワーがお店を元気にしています。何かのヒントになればと思います。

それでは本日も頑張っていきましょう。