事業再生コンサルティング-事業性の評価-

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は曇り空、西日本は台風の影響で雨が降り始めているようですね。関東へは26日(土)にもっとも接近するようです。

本日は県内の製造業の事業再生支援を行います。

さて、コンサルティングのお仕事では、事業性の評価をお受けすることがあります。対象会社の事業性はどうで今後の経営がどう予想されるかをレポートにまとめます。その場合、闇雲に調査するわけではなく、以下の観点でヒアリングやデータ収集、データ分析等を行って整理します。

  1. 財務の安全性
  2. 収益性
  3. 市場性
  4. 成長性
  5. 競争優位性
  6. 社内の生産性

事業再生やM&Aでこういった調査を行うことが多くあります。事業再生の場合だと再生可能性の評価という形でまとめますので、より一歩踏み込んで、経営改善の視点でも事業や業務を見極める力も問われます。

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

 

 

M&Aコンサルティング・株主価値の算定

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日横浜は曇り空、最高気温は27度まで上がる予報となっています。

本日は、午前は湘南地域の製造業の生産管理システム導入支援、午後は都内の部品商社の経営改善支援、夜はパートナー会社との打ち合わせを行います。

さて、土日は例によって資料作りに励んでおりました。M&Aの株主価値の算定に関する資料作りです。

代表的な株主価値の算定方法は2つ、時価純資産法とDCF法(ディスカウントキャッシュフロー法)です。時価純資産法は、直近期の純資産を時価換算しのれん代とを加味して計算する方法で、これまでの業績を株主価値に反映させるやり方でわかりやすい方法です。

もう一つのDCF法は、今後どれだけキャッシュを創出するかフリーキャッシュフローを積み上げ現在価値に割戻し、事業価値を算出、他人資本等の考慮を入れて株主価値を算出する方法です。将来どれだけ価値を生むかという観点で株主価値を算出するため事業計画が必要となりますが、企業シナジーなどを考慮して今後の事業計画を作成すれば、時価純資産法以上に本来の価値を算出することも可能です。

また一週間が始まりますね。
それでは本日も頑張っていきましょう。

 

事業承継・M&Aコンサルティング:年間廃業数7万社とM&A件数推移

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は曇り空、最高気温は29度が予想され少し暑くなりそうですね。

今日は、午前は県内の自動車部品の製造業の事業再生支援、午後は埼玉県の製造業のM&Aに関する仕事をします。

さて、中小企業のM&Aは事業承継の一つの手段として活用がなされています。事業承継が日本の中小企業の課題と言われかなり経ちますが、平成18年の中小企業白書では、後継者がいないことで廃業する企業が毎年7万社存在するのではないかと指摘されています。そういった課題解決の一手段として中小企業のM&Aはありますが、ここ10年でかなり活発になってきたようには思います。事業承継でお悩みの会社さまがいらっしゃいましたら是非お声かけ下さいませ。

<平成18年中小企業白書:第1節 中小企業の後継者不在が経済に与える影響より抜粋>
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h18/H18_hakusyo/h18/html/i3210000.html
—–
年間約29万社の廃業企業のうち、どのくらいの割合が後継者不足による廃業であるかを推計したい。 「承継アンケート」によれば、現時点で「自分の代で廃業したい」と回答した企業のうち、24.4%は「適切な候補者が見当たらない」ことが第一の理由であると回答している(第3-2-2図5)。この数値を前提とすれば、年間廃業社数約29万社のうち、約7万社は「後継者がいない」ことを理由とする廃業であると推定され、これだけの雇用が完全に喪失された場合を仮定すると、失われる従業員の雇用は毎年約20万人~35万人に上ると推定される。
——

<M&A情報データサイト MaarOnline 1985年以降のマーケット別M&A件数の推移より>
http://www.recofdata.co.jp/mainfo/graph/

market

 

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

民事再生中のインデックスの事業譲渡先にセガサミー

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は晴れ、最高気温は30度が予想されています。気持ちいい天気が続いていますね。

本日は、午前はある支援先の金融機関との打ち合わせ、午後は都内の商社の経営改善支援を行います。

さて、民事再生中のインデックスは、セガサミーホールディングスへの事業譲渡を決めたとのニュースがありました。譲渡金額は明らかにしていませんが「140億円前後とみられる」と日経新聞は報道しています(日経新聞の報道内容はこちら)。

インデックスは民事再生中とはいえ人気の高いスマホゲームを複数保有しておりその分野を強化したいセガサミーの思惑と一致した模様です。18日午後発表後、19日のセガサミーの株価は5%以上上昇し市場には評価されたようですね。

セガサミーのニュースソースを見ると譲り受ける資産は有形固定資産と無形固定資産と知的財産であり有利子負債を含む負債は譲り受けしないと記載されています。それら資産の額をインデックスのB/Sを見てみますと35億円程度ですので、140億円という数字はスマホゲームに対する今後の収益性等を相当加味したものだと思われます。複数のスポンサー候補が入札に参加したようですので、セガサミーも相応の金額で入札したようですね(インデックスの9月18日付ニュースソースと過去のスポンサー選定に関するニュースソース)。

インデックス自体は優良資産を譲渡したあとは負債の整理を進めていくのでしょう。セガサミーが優良資産をうまく活用しインデックスが残した財産を永続させてもらえればと思います。

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

M&Aコンサルティング-会社の磨き上げ-

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日横浜は晴れ、最高気温の予想は29度となっています。猛暑も一段落といったところでしょうか。本日は午前中にIT導入支援を行う予定です。

さて、弊社ではM&Aに関するご相談も多く受けております。後継者が不在で自社を売却しようと思うとのご相談が一般的です。ただ、財務状況を見てみると残念ながら買い手が見つかるような状況ではない場合も多くあります。そうした場合、会社の磨き上げが必要となります。頑張れば3年で大きく財務内容は改善することが可能でしょう。ここでは弊社の経営改善に関するノウハウが役立ちます。

後継者不在でお悩みの経営者の方はぜひご一報を頂けたらと思います。財務状況は現時点では良くはなくとも売れる会社にすることも可能です。

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

日本再興戦略を確認(その3)-開廃業率の推移-

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日横浜は曇り時々雨の予報です。ジメジメとした気候になりそうですね。本日は岐阜まで終日出張です。

さて、日本再興戦略では、「開業率・廃業率を10%以上とする(現状8%)」ことが成果目標として掲げられています(前回ブログを参照下さい)。開業率・廃業率の統計で最も一般的な総務省のその推移を確認すると以下の通りです(平成19年版中小企業白書より抜粋)。直近は2001年~2004年しかありませんが、約6%の廃業率に対して、約4%の開業率となっています。1990年頃に廃業率が開業率を上回ってからこの傾向から抜け切れておりません。

kaihaigyouritu1

 

成果目標の現状8%の数字は総務省以外の数字なのかもしれませんが、中小企業白書の他の統計でもそこまで高い数字は見当たらず、数字の妥当性を確認することはできませんでした。

ただ、目標として開業率だけでなく廃業率も10%以上とするというのは若干驚きです。日本再興戦略の本文52ページに、たった4行ですが「新陳代謝の促進」として説明されています。

—-
②中小企業・小規模事業者の新陳代謝の促進
我が国の起業・創業を大幅に増加させ、開業率が廃業率を上回る状態にし、開業率・廃業率が米国・英国レベル(10%台)になることを目指すとともに、経営者の高齢化・後継者難が一層深刻化する中で、経営者の世代交代、親族外への事業承継等による有用な経営資源を移転促進することより、中小企業・小規模事業者の新陳代謝を促進する。
—–

事業承継の一手段としてM&Aの活用を促進すると捉えることができます。大企業は色々な業種で再編淘汰が進んでいますが、中小企業ではまだM&Aは一般的とはいえません。今後、中小企業でもM&Aが一般的になるような施策を打ち出してくるのでしょうか。

それでは本日も頑張っていきましょう。

 

 

M&Aコンサルティング・製造業の従業者数と製品出荷額の推移

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

おはようございます。本日も横浜は曇り空です。

本日は、午前は私用で相模原市へ、午後は都内で経営改善支援、夜も横浜にて経営改善支援を行います。

本日は、国内製造業の概況についてです。当方、製造業の支援をさせて頂くことが多いのですが、よく製造業は衰退産業のようにいう社長様がいらっしゃいます。確かに経済産業省の工業統計で平成14年と平成22年を比較してみると、国内製造業の企業数、従業者数は減少しています。しかし、製品出荷額は増加していますし、一企業あたりの製品出荷額は4割も増加、さらに、一企業あたりの従業者数も3割近く増加しています。これは弱い企業が淘汰され、強い企業がより強くなっている状況が見て取れます。

toukei

 

 

 

大企業は、企業の合併統合や買収などM&Aで構造改革を進めています。中小企業についても自社の強い部分を伸ばすべくM&Aを活用することは活発化してきています。今後の経営戦略のオプションとして中小製造業もM&Aを検討していくことは有効です。

弊社では、M&Aコンサルティングサービスも提供しています。会社を買いたい、自社を売却したいというお客様はぜひお声かけくださいませ。

それでは今週も頑張っていきましょう。

 

M&Aコンサル・IT企業から買収希望登録あり

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

先週、あるIT企業様から買収希望登録を頂きました。

買収希望先としては、

・売上高は、数億円程度

・社員数は、数十名規模

・業種は、SIerやソフトウェア開発、Web制作、Webコンサル、IT教育などITに関するサービス企業

・地域は、首都圏

・さらに現時点で事業の継続が厳しくなりかけているような会社様も検討候補としていきたい

とおっしゃっています。

お心当たりある方はご連絡下さい。

http://www.brave-con.co.jp/ma/ma_index.html

 

M&Aコンサル:インテリア雑貨のネットショップの買収希望あり

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

ECサイトの運営会社様より、事業拡大を目的とした買収希望の登録を頂きました。

カーテンやインテリア、収納、カバンなどを取り扱うネットショップの運営会社の買収を希望しています。希望対象地域は関東地方、売上規模は月商1000万円以上です。

売却を検討なさっているネットショップのオーナー様はご連絡下さいませ。

その他、会社事業を売却譲渡したい、こんな会社を買収したいといったことがございましたらお問い合せ下さいませ。初回の相談は無料です。

http://www.brave-con.co.jp/ma/ma_index.html

 

M&Aコンサル:大手調剤薬局チェーンから買収希望あり

神奈川県横浜市の経営コンサルティング会社 ブレイブコンサルティングの代表です。

弊社はM&Aの仲介・アドバイザリーサービスを提供しておりますが、昨日、ある大手調剤薬局チェーンの運営会社様から買収希望の登録を頂きました。

調剤薬局は日本全国に53000店あるといわれています。その多くが小規模経営の店舗であり大手チェーン店トップ5による寡占率も3%程度とまだまだ寡占が進んでいない業界です。

その理由はいくつかありますが、一つはこの20年間成長市場であったことです。74年に医薬分業政策が導入されしばらくは処方箋の伸びも緩やかでしたが、90年以降処方箋の枚数が増加しそれと共に店舗数も増加、調剤市場も拡大の一途を辿ってきました。またもう一つは許認可や規制の要因もあげられます。薬歴管理やレセプトは各店舗で実施しなければならずチェーン店のメリットを出しにくい業界でもある点があげられます。

ただ今後もそのような状況が継続するかというとそうとは限りません。一つは医療費抑制の政策の一環で薬価の引き下げが2006年に実施され今後さらなる引き下げが予想されること、また価格が安い後発品(ジェネリック医薬品)の普及も見込まれ調剤薬局の収益の圧迫要因になりえること、さらには、病院の機能分化により門前薬局の客数減少などもありえることなどなど、調剤薬局を取り巻く環境も転換点に来ているといえます。

そのような環境変化に規模のメリットで対応するべく大手調剤薬局チェーンはM&Aによる規模拡大を進めています。業界最大手でも現在500店舗程度ですが、今後そう遠くない時期に、1000店、2000店といったチェーン店が出現するのではないかと思われます。

後継者がいない、調剤師が確保できない、売上の変動が大きく経営が安定しない、副業として薬局を営んでいるが本業に集中したいといった調剤薬局のオーナー様はぜひお声がけください。M&Aは一つの手段ですが絶対ではありません。オーナー様にあった解決策を提案させて頂きます。

その他、会社事業を売却譲渡したい、こんな会社を買収したいといったことがございましたらお問い合せ下さいませ。相談は無料です。

http://www.brave-con.co.jp/ma/ma_index.html